行政書士は手続きを代行します

行政書士になると遺言書などを作成することができます

行政書士の資格は就職や転職・老後などに活用できます

法律を中心とした国家資格試験を受けます

行政書士を目指している人は多くいますが、試験は難しいでしょう。憲法や民法、行政法や商法などに関する基礎知識に関して理解する必要があり、法律を中心とした国家資格試験になります。合格基準点が決められているので、それ以上達すれと合格することができます。合格率はその都度変化していますが、合格率は約10%です。独占業務として例えば官公署に提出しなければいけない書類作成や、権利義務や事実証明などに関する書類の作成があげられます。非独占業務として官公署などに提出する書類の手続において、行為を代理したり代理人として書類を作成することが可能です。行政書士は個人情報として大切な戸籍謄本や住民票について請求することが認められており、八士業の一つになっています。八士業には弁護士や公認会計士、税理士や弁理士などがありますが、行政書士の場合独立してもなかなか儲かりにくいとされています。このことからせっかく国家資格に合格してもあまり意味がないのではと思っている人も多く、収入が低いというイメージが伴っているようです。しかし取り扱う書類は一万種類以上あるので、中には高い年収の人も存在しています。ある程度リスクを取っても大きな利益を求めたい人の中には独立している人が多く、会社を運営している人もいるでしょう。

資格を持っていると就職や転職する際に便利です

もし行政書士の資格試験に合格しているなら、履歴書に書いておくと有益になります。以前試験は簡単だと考えられていたようですが近年行政書士の評価は向上していて、努力がないと合格することが不可能である資格として知られています。企業の人事担当者なら知ってる情報になるので、面接などでは資格を持っていることをアピールすると有効的です。試験に合格するまでの話をすることで、地道な努力を行うことができる人間だとアピールすることができるでしょう。転職する際にも便利で、資格を有していることを利用することが可能です。有名大学を卒業しているという肩書と同じくらい高く評価してくれる材料になります。資格を持っていることを履歴書に書いたり、勤務しながら試験に合格するときちんと資格を持っていると職場において認知されることになります。営業職でも事務職でも、頻繁に契約が行われる職場で働いていると、自然と法律に触れるチャンスがあるでしょう。そのような時法律に関して勉強してきた知識が役立つものです。誰かに説明する際にとても役立ち、法律に精通していると周囲から一目置かれるかもしれません。

資格を持っていると老後に活かすことができます

寿命の延びていることもあり、定年後に何かしたいと考えている人も多いでしょう。30代~50代では行政書士として独立することができなかった人も、定年後に独立して行政書士として活躍するという選択視があります。これまでの経験や人脈などを活かし、例えば人のために遺言書を作成したり、成年後見人などになって収入を得ることが可能です。外国人の手続きを行って収入を得ることもできるでしょう。国からきちんと認められていて、役所などの手続きで収入を得ることができるのは行政書士の特権です。若い頃は会社勤めをすることができますが、寿命が延びていることもあり年金なども視野に入れていくと、ある程度の収入があった方が安心して老後をおくることができます。何かしらの資格を持っていて、老後はその資格を利用して働くという将来的なの構想を拡げることが可能です。社会貢献や健康維持などを目的に役所の手続きなどを代行したり、地域において頼れる存在になるのも良いアイデアです。

人気記事ランキング