Menu

カード会社の年会費とコスパの比較

クレジットカードを比較すると、年会費が有料と無料に分けられます。無料の場合は、流通系やガソリン系、通信系やネットショップ系等の特定の小売りの店舗やサービス業者から発行されていることが多いです。顧客の囲い込みを目的としているため、年会費無料で顧客にとってのコストパフォーマンスを高める目的があると考えられます。特に、発行元の会社や店舗で利用すると、手厚い優遇措置が用意されているため、お得であると考える方が増え、加入率も上がる傾向にあります。一方、有料の場合は、無料の物よりも上位ランクのカードであったり、信販会社から発行されていたりして、多くの特典がついています。利用先を選ぶことなくサービスが充実していたり、手厚い優遇措置がとられたりしているため、目的がある場合は、かえってコストパフォーマンスが良いことも考えられます。両者を比較して吟味して選ぶといいでしょう。

年会費無料を選んだ場合のメリットとは

年会費無料のカードは、比較すると特定の店舗で利用する場合にサービスが充実しています。買い物をする機会が多い、もしくは、サービスの利用頻度が高いのであれば加入をすると良いでしょう。小売店やサービス店から発行されたのであれば、買い物やサービスを利用すると、ポイントが倍付けされたり、購入額の割引などの優遇を受けられることがあります。また、電子マネーや、共通ポイントと紐付けされているのであれば、ポイントとして2重取りできることもあり、次の買い物に充当できることもあるでしょう。通信系やネットショップ系であれば、通販サイトを利用した場合に、ショッピング補償がついていることもあり、品物に損害があったり、未着であったりすれば、購入額に応じて補償を申請することもできますので、安心して取引できることもあります。

年会費有料を選んだ場合のお得な特典とは

年会費有料のカードを比較した場合、会費がかかる分、コストパフォーマンスが悪いのではと迷う方もいるでしょう。しかし、有料の場合は、様々なサービスが付加されています。例えば、旅行によく行く方であれば、旅行保険への加入を考える場合があるでしょう。国内外の旅行保険が自動付帯で付いていることが多いですし、専用の空港ラウンジの利用やトラブルにあった時の日本語対応ができるデスクサービスが備えられている例もあります。国内外の公演等のチケットやレストラン、宿泊施設等の予約ができる場合もありますし、割安な会員料金で利用できます。また、サービスを利用するにあたって、コンシェルジュサービスで案内を受けたり、代行依頼をしたりするのも可能な場合もあります。24時間健康についての相談もできる場合があり、年会費無料の物と比べて、優待特典が多いです。総合的に様々なサービスを利用したいのであれば、有料の物を選んでもお得でしょう。