これで安心!フリーランスの求人サイト6選

LINE UP

フリーランスと会社勤めの違いを知りましょう

仕事の仕方の幅が広がっています。以前は一般の方であれば企業に就職して働くということが常識でしたが、今ではフリーランスになって直接お金を自分で稼ぐという方が増えています。会社勤めを望まれている方は、インターネットの求人情報サイトなどを閲覧して求人情報を取り入れることが第一歩になります。

フリーランスの仕事も多種多様なものがあり、資格が必要なものから資格が要らないものまでありますが、いずれにしてもご自身のスキルを生かした仕事をしていかなくてはならないということです。実際のサービスから経理面まで、フリーランスの方はすべて自分で行うことが一般的になります。

フリーランスの方と会社勤めの方を比較してみると、その時間の使い方が違うということが大きいのが分かります。仕事内容はどちらも様々なものがあり、ご自身のライフスタイルの希望を考慮して選ばれるとよいということです。フリーランスの場合は企業の求人情報を見る必要はありません。

NextEdge

RADERCHART

フリーランスのエンジニア、デザイナーの求人情報を多く扱っているのがNextEdgeです。自分のキャリアを生かした求人情報を見つけることができるようになっているので、実力を収入につなげることができます。

自分のライフスタイルに合った仕事を見つけることができるので、自由にスケジュールを組み立てることができます。仕事をするために外に出ることができない人のサポートもしっかりと行ってくれるので安心して仕事を受けることができます。

エンジニアやデザイナーの仕事は比較的高収入ですが、フリーランスともなると設定や価格が低いということもありました。しかしNextEdgeは高収入につながる仕事が多いので、大きな収入を得ることができます。

公式サイトはコチラ

CAREER CARVER

RADERCHART

フリーランスでの仕事を探している場合、中々収入の高い仕事を見つけることができない、ということもあります。CAREER CARVERは会員制の転職サイトなので安心をして利用をすることができるようになっています。

求人サイトの中でも多くの案件を取り扱っている、リクルートが運営をしているフリーランス専門のサイトなので、希望に沿う仕事を見つけることができるようになっています。仕事の種類もかなり多いので収入にもつなげやすいです。

ミドルクラス向けの求人情報が多いので、キャリアを生かした仕事を見つけることができます。また高収入の案件が多いということもあるので、資格を取得している人であれば、その資格をしっかりと生かした仕事を見つけることができます。

公式サイトはコチラ

マイナビエージェント

RADERCHART

希望する企業に採用されるためには、まずは第一関門として書類選考に合格することが必要となります。マイナビエージェントは、自分では気が付かないような応募書類の不備などもプロの目でしっかりと添削をしてくれるので、書類選考に合格しやすくなります。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーが、面接対策を一緒に行ってくれるので、事前に応募する求人先に応じた対策を立てることが出来ます。本番前に模擬面接をすることで、緊張をほぐすことができて本来の力を発揮できます。

マイナビエージェントは、一般企業の求人情報に限らず、フリーランスとして働くことが出来る職場なども案内してくれるので、多様な働き方を希望している人にも良い仕事を紹介しています。

公式サイトはコチラ

Lancers

RADERCHART

クラウドソーシングの最大手であるLancersでは、仕事の提供者だけでなく、実際に働いてくれる人材も幅広く募集しています。Lancersのホームページには仕事の依頼数も掲載されています。その件数は軽く190万件を超えています。Lancersを利用すればこれらの190万件以上の仕事から、自分の希望する求人を見つける事が出来ます。

Lancersでは様々な技術を必要とする仕事をクラウドソーシングしています。資格を持っているので資格を活かしたい、自分のスキルを仕事に活かしたいとお考えのフリーランスの方に対して、強い味方となってくれます。したい仕事に対する仕事とのマッチングをLancersなら簡単に見つける事が出来ます。

自分にぴったりな仕事をLancersなら簡単に探す事が可能です。Lancersでは基本的にインターネットが利用可能な環境下ならどなたでもクラウドソーシングに乗る事が出来ます。インターネット環境さえ整っていれば、納期さえきちんと守れば、自分のスケジュールで仕事をする事が可能です。Lancersなら自分にぴったりな仕事を探す事が可能です。

公式サイトはコチラ

Job-Hub

RADERCHART

派遣会社のパソナグループのフリーランス専門サイトがJob-Hubです。パソナグループということもあるので、求人情報の取り扱いも豊富ですし、安心をして仕事を依頼する法人もとても多いので仕事の数も多いです。

自由な就業スタイルを提案してくれているので、自分の条件に合う仕事を見つけることができます。エンジニアやライターなど仕事の種類も豊富ということがあるので自分のキャリアを生かすこともできるようになっています。

サポート体制がしっかりできているので、不安なことが生じた場合には相談をすることができます。自分の努力次第で収入も大幅にアップさせることができるので利用をする人も増えてきており、利用しやすいということも分かります。

公式サイトはコチラ

PROsheet

RADERCHART

フリーランスで仕事をする人が増えてきています。実際に自分がフリーランスの求人を探している時、条件に合う仕事が中々見つからないということもあるでしょう。そんな時にはPROsheetを利用してみるとよいです。

中には登録をしても中々仕事の発注がなくて稼働をすることができないというフリーランスの仕事紹介サイトもありますが、PROsheetは最短で1週間で仕事の発注があるので出来るだけ早く仕事を開始したい人には助かります。

様々な案件があり、1週間のうち2~3日しか稼働することができないとしても対応をすることができます。参画の仕事なども豊富にあるので自分のキャリアに見合った仕事を見つけることができるようになっているのも安心です。

公式サイトはコチラ

フリーランスの求人情報は簡単に見つかる

フリーランスになると、自分から仕事を探し、クライアントから多くの報酬を受け取ることが重要となります。クライアントが出している求人情報を、最初は検索する必要があるので、まずはそのことを頭の中に入れておきたいところです。フリーランスの求人情報専門サイトが、インターネット上にはたくさんあります。いろいろなクライアントが、様々なタイプのフリーランスを求めているので、見逃さないようにしましょう。フリーランスは、即戦力としてすぐに力になれるということを、全力でアピールする必要があります。だからこそ、得意な分野にだけ厳選し、求人情報を検索することが非常に大事です。ネット上の求人専門サイトなら、特定のジャンルに絞ってすぐに検索ができるので、すぐに見つけられるでしょう。

なお、最近フリーランスが利用しているのは、クラウドソーシングタイプのサイトです。クラウドソーシングサイトにフリーランスとしてプロフィール登録をしておけば、多くの恩恵を得ることができます。プロフィールで、得意分野をきちんと記載しておくことで、クラウドソーシングサイト運営側が、それに基づいたクライアントの事案を提供してくれるでしょう。もちろん、サイトには、定期的にフリーランス専門の求人情報を掲載されていて、自発的に応募するといったやり方もできます。最初はこちらの名前が知られていないので、黙っていてもなかなか仕事が入らないはずです。だからこそ、自分から進んで仕事を行い、名前をどんどん売り込むようにしましょう。うまくいけば、クラウドソーシングを活用して、フリーランスとして大きく稼ぐことができます。

フリーランスは、他の大企業などと違って、個人として名前を広める必要があります。なので、最初はいろいろな仕事をこなしつつ、ブランディングすることをも、考えておきたいところです。どのように自己アピールすれば、一気に自分の存在を広めることができるのか、そこに焦点を当てて真剣に考えるようにしましょう。ブランディングの方法は、人によって大きく変わります。ホームページを所有するのは大前提ですが、それをSNSや無料動画サイトを活用して広める人も多いです。いろいろなところから依頼が入るようになれば、それだけ生活も安定するようになるでしょう。最初は安い単価でも数をこなして、とにかく多くの仕事をすることが大事です。名前が知られてきたら、高い単価のみの仕事をすれば良くなるので、負担も減らせるようになります。

PAGE TOP