行政書士の資格は短期間で取れる

行政書士の通信講座を活用するのがお勧め

行政書士の通信講座は自分に合ったものを選べる

難関の資格なので独学での合格は難しい

行政書士の資格を取るのは簡単ではありません。この資格の試験の合格率は10%前後なので、簡単に取れる資格でないことが分かるでしょう。独学で勉強して合格する人もいますが、それはほんの一握りです。試験に受かった人は学校に通うか通信講座を受けていることが多いです。一番確実な方法は、全日制の学校に通うことです。全日制の学校では、行政書士になるための基礎的な知識から学べます。全く知識のない人でも、講師が分かりやすい授業をしてくれるので、少しずつ試験に備えた勉強ができるようになります。ただし、働いている方が全日制の学校に行くのは簡単ではありません。仕事をやめても勉強に集中しても良いのですが、それでは生活が難しくなってしまいます。

全日制の学校に行けない方は、通信講座を受けるのが現実的な方法です。通信は自分の家で、自分のペースで学べるのが一番のメリットです。会社の仕事が忙しい時などは、それに集中することができます。この資格を取るための勉強は自分の暇な時に行うようにします。テキストを読んで頭の中に入れないといけないので難しい面もあります。それでも分からない面は、自由に質問できます。通信講座では受講生をサポートする体制をきちん整えています。分からないところはネットを使って質問します。メールで問い合わせれば、講師が解説を書いて送り返してくれます。動画による講義を聞ける講座もあります。これだったら、わざわざ教室に足を運ぶ必要がないので、忙しい方にぴったりです。さらにスクーリングが開かれているので、参加すれば講師から直接授業を受けられます。この時に動詞も自分で分からなかったところを教えてもらうことも可能です。

通信だったら効率的な勉強が可能になる

行政書士になるためには試験に合格しなければなりません。ただし合格と言っても、高い点数を取る必要はありません。180点以上取れば合格できると言われています。全問題の6割正解できれば、この基準に達します。もちろん高い点数を目指しても良いのですが、まずは試験で確実に6割以上取ることが大切になります。通信講座では試験のポイントを教えてくれるので、その部分を繰り返し勉強すれば6割以上の得点は難しくありません。重要な事項をきちんと暗記するのが大切な勉強法です。覚えるのは難しいこともありますが、通信講座のテキストは工夫が凝らされているので頭の中に入れやすいです。例えば、文章だけではなく図も含まれており、理解を深める助けになります。

人気記事ランキング